Tohoku Tea Relief Caravan



▼概要

2012年1月4日より約3週間、岩手県から神奈川までの被災地をまわり、「真冬の東北をお茶であたためよう」というプロジェクトです。

このお茶キャラバンでは、お茶の持つ特性をいかし、多くの方と協力し、被災地に新たなるつながりを生み出すのが目的です。

お茶は、
子供から年配の方まで、健康な方からご病気の方まで
そして
おはようからお休みまで、食卓や寝室から野外まで
とにかく誰でも、いつ・どこででも
飲むことができるモノ。

だから
さまざまなイベントや人と協力することが可能です。

被災地の方、被災地以外の方
多くの方と共に

「真冬の東北をあたため、そして今回
新たに生まれた縁でさらなる復興につなげてゆこう!」

というのが
この『震災復興お茶キャラバン』の目的です。

今、この記事をお読みのあなた・・・。

来年1月、厳寒の東北を
一緒にあたために行きませんか?

あなたにもできることがある。
あなただからこそできることがある。

僕たちは、一人ひとりではできないことでも
みんなが協力すればできることがたくさんあると
信じています。

そして、
このキャラバンを通じて、そのことを証明したいのです。

だから、今お読みのあなた。

ぜひご一緒しませんか?
今からでも決して遅くありません。

あなたの想いをみんなで被災地に届けましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です